よくある質問(MAS監査)

小樽市,小樽,後志,会社設立,法人設立,独立,開業,起業,税理士,税理士事務所,起業支援,創業融資,助成金,銀行交渉,資金繰り,顧問契約,顧問税理士,経営計画,経営改善,資金繰り改善,経営対策,決算対策,資金繰り対策,経営相談,資金繰り相談,財務,経理,法人税,消費税,地方税,決算書,試算表,年末調整,源泉徴収,記帳代行,会計,税金,税務,節税,所得税,税務調査,税金相談,税務相談,節税相談,税金対策,税務対策,節税対策,税理士変更,北海道,足立竹秀税理士事務所,小樽市,小樽,後志,会社設立,法人設立,独立,開業,起業,税理士,税理士事務所,起業支援,創業融資,助成金,銀行交渉,資金繰り,顧問契約,顧問税理士,経営計画,経営改善,資金繰り改善,経営対策,決算対策,資金繰り対策,経営相談,資金繰り相談,小樽市,小樽,後志,会社設立,法人設立,独立,開業,起業,税理士,税理士事務所,起業支援,創業融資,助成金,銀行交渉,資金繰り,顧問契約,顧問税理士,経営計画,経営改善,資金繰り,会社設立
よくある質問
Q) MAS監査を実践したら売上は上がりますか?

A) MAS監査を導入したから売上が上がるわけではありません。しかし、会社が今後取り組まなければならない課題が明らかになりますその課題を一つずつ克服することにより自然と会社の業績はよくなるはずです。


Q)うちの会社はまだまだだし、まだ必要じゃない気がするのですが・・・

A) 会社は多かれ少なかれ経営課題を持っているはずです。もしかしたらそれが顕在化していないだけかもしれません。問題が表面化してからでは対処により多くの時間とお金を使うこととなります。早い段階からMAS監査による経営改善システムを構築することを勧めします。


Q) 半年後の資金繰りを考えて銀行融資を考えておりますが、事業計画や銀行融資へのアドバイスなどを頂くことは可能でしょうか?

A) はい、可能です。
会社の展望を具体的な数値で示すことにより金融機関は融資判断を下しやすくなりますその為にも事前に経営計画を策定することが重要になってきます。


Q) 経営計画だけでなく税務やその他のサービスも受けられますか?

A) はい、受けられます。
税務・法務・労務など総合的なサービスの提供が可能です。


Q) 経営計画はどこまで開示すべきですか?

A) 幹部はもちろん、従業員全てに開示するのが望ましいでしょう。
経営者が思い描く会社の将来像を示すことにより全社員の意識統一が図れ計画の実現可能性が高まります。
Share by: